薬による処方条件の違い|肝臓の数値の異常を改善|長く健康的に過ごす
男性たち
  1. ホーム
  2. 薬による処方条件の違い

薬による処方条件の違い

中年女性

最近、私の妻が眩暈やふらつき、耳鳴りといった症状を訴えるようになり、疲れて座っている姿を頻繁に目にするようになりました。不安になる病院へ連れて行くと、若年性更年期障害と診断されたのです。お医者様は、女性の更年期というのは40代半ばとされているが、最近では30代で更年期が訪れる若年性更年期障害の症状に悩む方が増えていると言います。更に聞くと、更年期障害は薬で治療することができるそうです。更年期障害に効く薬は色々あるようで、その一つ一つの処方条件について説明を受けました。

薬の種類としては、錠剤・貼り薬・塗り薬と選ぶことができるらしく、基本的にホルモン補充を目的とした薬が多いそうです。処方される薬はエストロゲン単剤か黄体ホルモン製剤のどちらかだと言われ、黄体ホルモン製剤であれば子宮体がんの予防効果も得られるとのことでした。ただし、施術によって子宮を摘出している場合には、黄体ホルモン製剤は処方せずエストロゲン単剤のみの処方となるそうです。また、閉経から5年以上経過した患者に限り、出血を避けたいのであればエストロゲン黄体ホルモン配合剤と呼ばれるエストロゲン単剤と黄体ホルモン製剤を掛け合わせた薬を処方してくれもらうことができるとも説明を受けました。私の妻は、それらの条件に該当しないため黄体ホルモン製剤を処方されるでしょう。また、医療機関によっては漢方を処方してくれるところもあるようなので、もし更年期障害でお悩みの方がいるのであれば、自身が安心して利用できる薬や漢方を処方してくれる医療機関の受診をお勧めします。